転職サイトのスカウトサービスは、ただのダイレクトメール?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スカウトメール

近年、ネットを使って簡単に転職先を探したり応募したりできる転職サイトは、求職者にとって非常に便利なものとなっている。
その転職サイトの機能の1つに「スカウトサービス」というものがある。

スカウトサービスは、企業からのオファーのことだ。
今回はこのスカウトサービスの実態について解説する。

スカウトサービスとは?

スカウトサービスは、転職サイトにプロフィール(職務経歴)を登録することで、企業や転職エージェントからオファーを受けることのできるサービスだ。
上手に使えば、転職活動の手間を大きく軽減させることができる。

スカウトサービス利用の流れ

①転職サイトに登録して、職務経歴やスキルなどを入力しプロフィールを完成させる。

②その情報を見た企業から選考のスカウトメールが届く。
または転職サイトの担当者がプロフィールに記載された職務経験やスキルを見て、募集要件に合う企業のスカウトのメールを直接送ることもある。

③スカウトメールを確認し、自分もその企業を受けてみたいと思えば応募をする。

スカウトサービスは2種類

企業からの直接スカウト

企業側も良い人材を求めている。
求職者の情報を見て、企業側がこの人と面談したいと思えば、スカウトメールを送ることができる。
求職者は届いたメールを確認し、企業の求人情報を見て、受けてみたいと思えば応募をする。
そこから選考につながっていく。

転職サイト担当者からのスカウト

主に転職エージェントになるが、エージェント側が求職者のプロフィールなどを確認し、応募条件に合っていそうな人に応募してみませんかといったスカウトメールを送るサービスがある。

求職者は応募したいと思えば、そのメールに返信し、エージェントの担当者と面談をする。
今後の応募について相談していくといった流れで実施される。

スカウトサービスのメリット、デメリット

メリット

効率よく転職活動ができる

求職者は膨大な求人から自分に合った企業を探さなければならない。
今までのキャリアを生かした仕事に就くのか、今後のことをしっかり決めて考えながら転職活動を行う必要がある。

そんなに上手く見つかることも稀で、それなりに時間はかかるだろう。

在職中に転職先を探す人は多くいる。その場合、限られた時間の中で転職活動を行わなければならない。
効率よく動くことが求められる。

スカウトメールは、自分に興味を持ってくれた企業から届くので自分で求人を探す手間を省くことができる。
また、スカウトがたくさん来るなら自分は求められている人材であると認識することも出来、どの分野で自分が求められているのかも把握できる。

転職率がアップ

企業側は求職者の経歴などを確認し、良い人材だと思えばスカウトを送っている。
スカウトが届くということは、企業側が自分に興味を持ってくれているということなので選考には通りやすい。

そういったことから、スカウトが届いた企業の書類選考や面接などは通過する確率が高くなり、必然的に転職率もあがるといえる。

可能性が広がる

中にはプロフィールのキャリアなどの経歴より、仕事に対する姿勢や人としてどうかといったことを大切にしている企業もある。
そうすると、自分が考えていなかった業界や分野からのスカウトも来る可能性がある。

新たな業界でのチャレンジにも繋がり、可能性は広がる。
自分の新たな才能に気づくチャンスにもなるかもしれない。

また、公開されていない非公開求人の中でもスカウト限定の求人もある。

デメリット

スカウトサービスで必ず上手くいくとは限らない

スカウトが届いて応募したからといって、必ずその企業に内定がもらえるとは限らない。
企業側は自分にだけスカウトを送っているわけではない。

他にも良い人材がいれば、多数の人に送っている。
その応募した人達の中から選考が実施され、負ければ書類で落ちる可能性もある。
必ず選考が通過するとは限らない。

スカウトサービスは単なるダイレクトメール?

スカウトサービスには様々なメリットはあるものの、ちょっとした落とし穴もある。
最初にスカウトサービスに登録すると、オープンオファーがたくさん届く。

中小企業だけでなく、有名な大企業からも届く。
一流の大企業からオファーがくれば、自分の市場価値ってこんなに高いのかと驚くだろう。

しかし、このオープンオファーは経歴やキャリアなどの登録情報で引っかかった人全員に送られている。
単なるダイレクトメールなのだ。

オープンオファーには大企業の社長や人事部長などの名前が記載されていて、さも自分が選ばれてすごいというようなことが書かれ、”是非弊社に応募してほしい”などと謳われている。

自分はそんなに凄い人間なのか一旦落ち着いて考えてみよう。
オファーがきたからといって応募しても選考が通りやすくなるわけではない。
大勢の人に送られているただのダイレクトメールなので勘違いしないよう注意が必要だ。

最初はこのようなオープンオファーがガンガン届く。
しかも、このダイレクトメールは転職サイトの人間が操作している。ただのアルバイトが送っているのかもしれない。
届いても興味がなければ、返信しなくて良い。
スカウトサービスも見極めて利用する必要がある。

転職の準備はサイト登録から

昨今の転職活動で転職サイトや転職エージェントの利用はもはや必須条件だろう。
ここでは、実際に使ってみたおすすめの転職サービスを紹介したいと思う。

私の経験からも転職活動に欠かせないのが、転職エージェントの登録。

いくつか利用してみた印象として、一番おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントだ。

理由は、担当エージェントさんが親切で親身になって色々相談にのってくれたから。

自分にあった求人を紹介してくれるし、面接の対策も協力してくれる。

利用はすべて無料だし、登録したら必ず転職しないといけないわけではないので、 在職者も見ておいて損はないだろう。

登録はこちら↓
リクルートエージェント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す