僕が使っていた転職サイトと転職エージェントのレビューするよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職サイト・エージェント

僕は、新卒で入社した企業を1年を立たず退職して、転職活動をしていた。
転職先の希望は、外資系や、貿易関係の会社で、とにかく海外向けの仕事をしてみたいと思っていた。

転職活動の体験談については、こちらの転職活動記に詳しく書かせてもらってあるので興味のある方は読んでみてほしい。

関連:第2新卒(大卒1年目)の転職活動記

こちらのページでは、僕、転職活動で主にに使っていた「転職サイト」や「転職エージェント」についてと、そのレビューというか、使ってみた感想を少し記して置こうと思う。

利用した転職サイト

転職サイトはいくつか登録したが、その中で主に使った転職サイトは「リクナビNEXT」だった。
それ以外のサイトは登録のみでほとんど使用しなかった。

登録したことのある人は分かると思うが、転職サイトの求人は膨大で、採用への本気度はピンきりだと思う。
すぐにでも採用して、即戦力として働いてもらいたいという求人から、とりあえずいつでも求人を出しておいて、運よくいい応募があればラッキーくらいの感じの求人まで様々だ。

その全てに100%の力で取り組んでいたら、とてもじゃないけど時間が足りなくなってしまう。

最初は自分で企業を探して応募できるため、転職サイトは良さそうだと思って使ったが、膨大な量の求人から自分が気になる企業を見つけるのがとても手間で効率が悪かった。

転職サイトは、オファーしてもなかなか返事がこなかったり書類も通らなかったことも多い。
気長に転職活動を行う方には向いているかもしれないが、短期決戦を望んでいた私には向かなかった。

ただ、どういう企業がどういう募集をしているかを知るための、情報収集としてはとても役立つのでそういう意味でも、転職サイトは利用しておいた方がいいと思う。

その場合、大手の転職サイトを1つと、あと業種を絞っている場合は、業種特化型の転職サイトをもう一つくらいで十分だろう。

リクナビNEXT

膨大な量の求人が掲載されていた。
必ず自分の希望する業種や職種の仕事が見つかるだろう。

ただ、自分で探すのはとても手間だ。

在職しながら、今後の転職をゆっくり考えたい人なら、ちょこちょこサイトをチェックして使うのには良いと思う。
短期集中で仕事を探したい方には向かないだろう。

リクナビNEXT以外に登録したサイト

以下は登録をして、たまに覗いてチェックしたりしたもののあまり使わなかったサイトだ。一応紹介する。

・Wantedly
・Working Abroad
・Daijob.com
・マイナビ国際派就職
・リクルートRGF

利用した転職エージェント

転職エージェントは、利用者1人1人に担当者がついてくれて、自分に合った企業を紹介してくれる。
また、自分がオファーしたい企業の相談にのってくれたり、模擬面談をして面接対策のサポートが受けられるなど、効率よく転職活動ができた。

転職エージェントは、自分を担当してくれる人によって良かったか悪かったか評価が変わる。
以下は私が利用した感想だ。

リクルートエージェント(リクルートキャリア)

利用者が多いことと求人数が多かったので一番最初に選んだエージェントだ。
直接面談することはほとんどなく、電話での面談が多かった。

このエージェントでは2人の方に担当してもらった。

どちらの方も事務的な対応だった気がする。

それに比べ、DODAエージェントやマイナビエージェントは直接会って面談してくれたことで信頼感が大きかった。

ただ、リクルートエージェントは企業との関係が他のエージェントより密な印象を受けた。

そして最初にいった通り、求人数が多いため、自分に合った転職先を見つけやすいことはメリットだろう。

DODAエージェント(インテリジェンス)

今回の転職で一番良かったと感じたのがDODAエージェントだ。
担当者と一番気が合い、私の気持ちを理解してくれたのが大きい。

ヒアリングも丁寧で細かいところまで気を遣ってくださる方だった。

また、何度も模擬面談の練習に付き合ってくれ、そのたびにきちんとフィードバックしてくれた。
とても手厚いサポートだった。

ただ、少し不安を感じた点として、紹介された企業をネットで調べると、あまり評判の良い会社ではなかった。
あまりエージェントを信頼しすぎるのも良くないかもしれない。

自分でも積極的に企業情報などの収集が必要だと感じた。
サポート面では満足だ。

マイナビエージェント

DODAやリクルートは毎日のように新着のオススメ求人が届くが、そういったシステムはマイナビエージェントにはない。

担当者が自分に合った企業を選んでくれて紹介されるだけだ。

自分でマイナビエージェントのサイトから応募したい企業を見つけた場合、担当者にその都度相談し、応募することになる。

模擬面接はなかった。
面談対策のような説明だけだった。

ただ、面接が近づくと頻繁に担当者が面談を実施してくれ、不安を取り除いてくれた。サポートには満足している。

リクルートホールディングス海外法人

これは海外の現地採用の人材紹介サービスだ。

海外での現地採用も多少考えていたので登録していた。

利用者の希望条件などによって、その国の担当者が付いてくれる。私は中国を希望していたので求人数が多い上海の担当者が付いてくれた。
中国支社から、頻繁に連絡をくれ、様々な企業を紹介してくれた。

サポートには満足だった。

僕の場合は、第2新卒として転職活動をしていたこと、主に外資系や海外勤務のある企業をさがしていたので、そのようなバイアスはあるが、退職して転職活動をするなら人なら概ね関係するようなことを中心にまとめたつもりだ。

3ヶ月ほどの転職期間を通じて、大手のエージェント3社(主にメインは2社)と転職サイト1社(ほぼ使わなかった)で活動した。

記念で応募した大手商社は玉砕したが、それを除く35社に応募した約3分の1が書類選考を通過した。
その中から内定をもらい、転職先を決めた。

退職前から時間をかけて気長に転職先を探すなら、転職サイトもいいかもしれないが、退職してから集中して転職活動をするなら転職エージェントがいいだろう。
同じようなサービス内容でも、実は使ってみるとサポートや、担当の良し悪しなどあるのでとりあえずいくつか登録してみて、自分にあった転職支援サービスを見つけてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す