退職手続きまとめ|年金・健康保険・税金・雇用保険など退職には重要な手続が多い?

退職手続

退職をすることになったとき心配なのがその手続ではないでしょうか。

普段、会社に勤めているとあまり意識しないかもしれませんが、保険や税金など、私達の身の回りには様々な制度が取り巻いています。

退職した途端、それらを自分でやらなくてはいけなくなるわけですからパニックになりますよね。

この辺の手続きについて、しっかり理解していないと、辞めたあとの会社に何度も出向かなくては行けなくなったり、場合によっては新しい職場の手続が出来ないということも起こりえます。

主に、退職後は以下の4つの手続きをする必要があります。

  • 健康保険
  • 年金
  • 税金
  • 雇用保険

どれも私達のお金や生活に関わる重要な制度です。
これらを滞りなく手続きして、今後も維持して行く必要があります。

手続きの方法は、会社を退職する理由によって違います。
今回は、これらすべての退職理由、それぞれに応じた退職手続きについて解説していきたいと思います。

  • 自己都合の退職
  • 会社都合の退職

  • 定年退職

続きを読む

退職を考えている人必見!スムーズに退職できる流れを8つのステップで解説

退職

ネガティブなもの、ポジティブなもの、退職、転職の理由は人それぞれあるかと思います。

ステップアップのための転職、結婚退・出産による円満退職、異業種へのチャレンジなど前向きな退職がある一方、給与への不満、労働条件の不満、会社都合などマイナスな理由から転職を余儀なくされる人も多くいます。

どんな理由であれ、転職を考え始めたなら退職のことも考えなければなりません。

退職後に転職活動を始めたいという人もいるでしょうし、在職中に転職活動をして、内定をもらいたいと考える人もいるでしょう。
人それぞれだと思いますが、退職する時に、どのような流れで手続きを踏んだら良いのでしょう。

あまり常識に欠ける方法で退職したり、退職の手続きが不十分だったりすると、元の職場はもちろん、これから務める職場にも迷惑が掛かる可能性があります。

今転職活動を始めている人も、これから転職活動をはじめようと思っている人も、退職の流れについてしっかり理解しておく必要があります。

続きを読む

面接の自己アピールで何を話せばいいか分からない人へ、アピールポイントを見つける6つの法則

面接での自己アピール

「はじめに、自己アピールを各自1分以内でお願いします。」

転職・就職で面接を受けるとき、必ず求められることの一つに自己アピールがあります。

とりあえず失点がないように、無難なことを言ってお茶を濁したり、単に職務経歴書の内容をなぞった自己紹介をしたり、という手もあります。

ただ、それだと折角のアピールの機会を失ってしまうことになります。

面接はつかみが大切といいますが、それは第一印象がその後の評価を大きく左右するためです。

面接での自己アピールは、そのまま面接の成否、採用の成否にも関わる重要な過程の一つになります。

とはいえ、そもそも自己アピールってなにを言えばいいか分からないという人が少なくないように感じます。

ここでは、自分のアピールポイントを見つける方法と、それをどのように伝えるか、実例を交えてご紹介していきたいと思います。
続きを読む

面接での印象を良くする3つのポイントと絶対やってはいけない仕草

面接の印象

面接で大事なことの1つに「見た目の第一印象」があります。

面接官は、短時間の面接の中で、あなたの身だしなみ、服装、態度などを見て、この人はどのような人なんだろうと観察します。

第一印象で「この人、大丈夫かな?」という印象をもたれてしまうと、その後の会話やコミュニケーションにも悪い影響を与えてしまいます。

ですから面接対策で、見た目を整えておくことは基本中の基本となります。

もちろん面接官も良い人材を見つけようとしているので、見た目だけで判断することはありません。

それでも、見た目にはその人の人柄が表れるといいますので、面接の評価は、見た目の印象に頼るところが大きいのも事実です。

見た目の第一印象がどのように影響するのか?

当たり前ですが、最初に会った時に目に入るのは、見た目ですよね。

その見た目で、面接官は志望者の90%を想像し、決めてしまうともいわれています。
そして、面談中は、その見た目の印象通りかどうかを判断します。

最初の印象で「やる気」を感じる人だったら、本当にやる気のある人かどうか判断するための質問をしていき、確認します。もし、「この人本当にやる気があるのかな?」と感じれば、本当にやる気がないか検証するための質問をしていきます。

第一印象である程度、志望者の印象を決めたうえで、質問をしたり話を聞いたりするため、とても見た目は重要となります。

続きを読む

残業命令には絶対従わなくてはならない?残業命令を拒否したらクビ?

残業

業務が立て込み、深夜まで残業をしなければならないということありませんか?
帰りたくても、会社から要求され、断れずに従う人も多いですよね。

たまになら我慢できても度々あると体力的、精神的にも辛くなります。

こうした深夜の残業を断ることはできないのでしょうか。
もし断った場合どのようなことになるのでしょうか。

続きを読む

勤務時間を減らされた場合 賃金の全額または6割が請求可能です

減給

勤務時間が減らされ、減給となってしまいました

面接などで事前に伝えられていて、それを承知で入社しているなら納得できますが、突然「今日はもう帰っていい」、「しばらく休んでくれ」などと言われても納得できません。

このような場合、受け入れるしかないのでしょうか。

アルバイト(時間給)で勤務している人に多いのですが、会社の業務内容、時期によって仕事量が減ったり増えたり、忙しくない時ほど、このようなことがあり得ます。

減った分の給料を請求することはできないのでしょうか?

続きを読む

一方的な内定取り消しは違法?合法?口約束でも成立している労働契約とは?

内定取り消し

採用が決まって内定をもらったのに、後日「雇用できない」という連絡があって内定が取り消しになった!
正式な契約書などを交わさず、口約束だけで採用を言い渡されただけだと、強く出れずに泣き寝入りするしかない?

中小規模の会社や、フランチャイズの店舗などの採用でこういうトラブルが増えています。

このような場合、会社に対して取れる手段は何かないのでしょうか。

続きを読む

不採用者の原因は企業が求める人物像(求人ニーズ)を理解してないから?

求人ニーズ

企業はどのような人材を求めているのでしょう。

これを分からずに就職活動・転職活動をしている人が多くいます。

就職・転職活動では、企業が求めている人物像を理解して、自分を上手にアピールできるかどうかが成功の近道です。

そのためには、まずは、様々な手段を使って、その企業の求人ニーズを把握していきましょう

これは、応募する企業や業種などによって異なる場合がありますので、企業の情報を個別にリサーチし見つけ出していく必要があります。

多少手間は掛かりますが、そうすることによって、企業の求人ニーズに合った適切な方法で自分のアピールをすることができるようになります。

もし下調べをせず、求人情報だけを見て転職活動をした場合、いくらあなたに経験や能力があったとしても応募企業の求人ニーズとかけ離れてしまい、面接官には”この人は違う”と感じられてしまうかもしれません。

ですから、転職活動を行う際、まずは、応募したい企業の求人ニーズついて理解しておく必要があるのです。

では、ここから企業のニーズを把握するためのポイントや、どうすれば自分が会社にとって適切な人材であるとアピールできるか、などについて解説していきたいと思います。
続きを読む

面接で前職の期間が短い理由を聞かれたらどう答える?|面接でよく聞かれる質問回答例

面接でよく聞かれる

面接でよく聞かれる質問に、「前職の期間短い理由」というのがあります。

短い期間での退職というのは1年未満だと思ってください。
1年未満で辞めた場合は必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

僕が今まで多くの転職希望者の相談に乗らせてもらってきた経験からも、この質問の回答が重要なことを常々感じていました。

理由があり、短期で職場を辞めてしまうこともあるでしょう。

出来れば長く働きたいと思っていても、

自分の希望と仕事内容が違ったり、
人間関係で上手くいかなかったり、
もっと上を目指したくなったり、
別の仕事に興味を持ったり、

様々な理由で短期で退職をすることがあるかもしれません。

そしてその後の転職活動で、なぜ前職は短い期間で辞めてしまったのかと聞かれることになります。

短期間で辞めているという経歴はマイナスの印象と受け取られる場合があります。

仕事をしても続かない人なのか、
ちょっとしたことでもすぐに辞めてしまう人なのか、

面接官はこのように評価します。

しかし、面接で聞かれた時に上手な答え方ができれば、マイナスな印象を与えずに済みます。

前職を短期間で辞めた理由を、面接でどのように説明すればいいか、解説したいと思います。

続きを読む