転職の面接で前職を辞めた理由を聞かれた時なんと答えるべきか?

面接官

転職の際、面接で必ず聞かれることがあります。

それは『前職を辞めた理由』です。

面接官は必ず ”前職をなぜ辞めたのか” 聞いてきます。

その理由は、大きく分けて2つあります。

「何か問題があって(または問題を起こして)辞めたのではないか」
「また同じ理由で辞めてしまうのではないか」

こういったことを懸念して確かめようとしています。

会社としては、なるべく長く働いてくれて、自社で活躍してくれる人材を求めていますから、すぐに辞められては困ります。

なぜ、辞めたのか曖昧な答えでは、面接官が不信感を抱いてしまいます。

はっきりとした前向きな理由が言えるように準備しておきましょう。

面接で退職理由を聞かれた時の答え方とは

退職した理由は人によって様々ですよね。

「キャリアアップしたいから」「異業種へ興味を持ったから」「上司と(または人間関係が)上手くいかなかったから」「リストラされたから」プラスの理由もあればマイナスの理由で退職する場合もあります。

しかし、面接でマイナスの理由をストレートに言ってしまっては、面接官は不安になるでしょう。
同じ理由でまたすぐに辞めてしまう人なのではないかと思ってしまいます。

実際の退職理由がマイナスなものでも、面接では、出来るだけ前向きな理由を言うようにしましょう。

面接官に「安心して仕事を任せてください」といったアピールが大切です。

例えば、

「これまでの経験をこういうふうに活かして御社の業務に貢献したい」
「今の職種とは異なるが御社の業務に興味を持ち、こういうふうに仕事をしていきたいから転職を決めた」

このように前向きな理由を答えられるのがベストです。

もし、「他にやりたいことがあるから」という理由の場合、それは前の職場ではできなかったことなのかどうかということを考えておく必要があります。

前の職場でもできることなら、なぜやらなかったのか問われてしまいます。
前職でも出来たのであれば、それには触れない方がいいでしょう。

また、辞めた理由は、簡潔に短めに話しましょう。

それについて、突っ込んで聞かれたら、詳しく話すようにします。
全てを最初から話す必要はありません。

では、実際にどのように退職理由を話すのが良いのか詳しく見ていきましょう。

退職理由は、以下のような流れで考えます。

  1. 実際の転職理由を書き出す
  2. その転職理由を前向き(ポジティブ)なものに変化させる
  3. 応募企業でどのように仕事ができるか考えてみる

実際の退職理由をもとに、カッコ良い理由に変化させます。
マイナスになる理由であれば少し手を加え、前向きなものに変えてみましょう。

できたら、そこからどのように応募企業で働いていきたいのか、どのような業務にどんなふうに活かしていきたいのか考えます。

応募企業に良い印象を与えるような理由を考えましょう。

退職理由の答え方【同業種への転職編】

同業種への転職の場合、なぜ前職で働き続けずに、志望企業で働きたいのか、その理由を明確に伝える必要があります。

ここで重要となるのが、新たな分野への挑戦です。

前職でやるべきことは全てやりきった、今後は今までのスキルを活かして、「もっと幅広い分野でチャレンジをしていきたいと思って転職をした」という感じにすると説得力が出ます。

ポイントとして

  • 前職ではやりたかったことが全てできた
  • 今後新たな分野へ挑戦したい(前職ではその希望が叶わない)

この2つを中心にしてまとめます。

例えば、営業から営業へ転職をする場合に、「個人営業で培ったスキルを活かして、法人営業に挑戦していきたい」という感じで新たな分野への挑戦を見せましょう。

また、

「前職では、業務上の制約が多く、もっと柔軟に対応したいと思っていました。御社の方針が私の考えと合致しており、御社を志望致しました。」

など、なぜ前職を辞めてまで、その志望企業で働きたいのかを明確に伝えましょう。

もし、昇進させてもらえなかったということを退職理由にしてしまうと、一生懸命やってきたのか、努力が足りなかったのではないか、実力がなかったのではないかと思われてしまうでしょう。

退職理由の答え方【異業種への転職編】

異業種の場合も、なぜ今までのキャリアを投げ捨ててまで志望企業で働きたいと思ったのかが明確に伝わるようにしなければなりません。

なぜその業種で働きたいのか、なぜその企業を選んだのか、面接官が納得できるような理由が必要です。

高校や大学を卒業後に”これがやりたい”と明確に決まっていて、いざ志望した企業へ就職できても、実際、働いてみると思っていたことと違っていた、最初は楽しくやっていても、他の業務に携わる中で、新たな別の職種で働きたいと思うようになることもあります。

これが異業種への転職に繋がるわけですが、ただその気持ちを伝えるだけというよりも、

”新たな業種へチャレンジしたいと思い、前職で学べることは全て吸収した”
こと、
”これを御社での業務に活かしていきたい”
ということを話すようにしましょう。

実際に、どのようなことを吸収し、どのような業務にこれから活かしていきたいか具体的に話せると良いです。

異業種への転職も同業種への転職も基本は同じです。
前向きに挑戦したい、チャレンジしていきたい気持ちを面接官に伝わるようにしましょう。

ダメな退職理由の例

簡単に言ってしまえば、マイナスになること、後ろ向きな退職理由はNGです。
実際にどのようなことがダメな退職理由となるのでしょうか。

上司に対して、会社に対しての不満を理由にする(パワハラを含む)

上司と合わなかった、会社の体制やシステム、考え方の違いなど、前職を悪く言うような言い方は絶対にいけません。

面接官からあなた自身の評価も下がります。

上司にひどいことをされた、ひどいことを言われたなど、いわゆるパワハラをされたことを言って、面接官の同情を引くようなことをしてはいけません。

実際にそれで辞めたのだとしても、それをそのまま言ってはいけません。

なぜなら、パワハラと捉えられるかどうかは難しいところで、”あなたのほうにも問題があったのではないか”と考える面接官もいるからです。

人と付き合うのが下手な人なのかなとも思われてしまいます。

会社に属する以上人間関係はつきものです。
考え方の違いから、トラブルが発生することもあるでしょう。

また、面接の場で”人のせいで辞めた”というニュアンスで伝わってしまい、悪い印象となってしまいます。

それから、前職の待遇や環境のせいにするのもいけません。
給料があがらなかった、残業や休日出勤が多かったなど、それも理由としては話さないようにしましょう。

会社の経営不振を理由にする

会社が赤字続きで、潰れるかもしれないと噂になり「将来が不安になった」という理由から退職を考えたとしても、これも言ってはいけません。

自分もその会社の一員です。
会社のために会社の危機を助けるために頑張ろうとする気持ちがなく、逃げることで自分が助かろうとする人なのだと思われます。

実際に、会社が潰れるかもしれないと不安になりますよね。
その前に見切りをつけて、転職をするのは自由です。

しかし、それを退職の理由で話してしまうのは、面接官の印象としては良くありません。

会社の業績悪化や経営不振には触れてはいけません。

リストラを理由にする

会社の業績悪化でリストラをされることもあります。

自分はもっとその企業で働きたかったのに、会社のせいで辞めざる負えなかった = 「自分が望んだ転職ではなかった」と捉えられます。

リストラされたのが事実なら、それは言っても大丈夫です。
しかし、付け加える必要があります。

「会社の経営事情からリストラされ、少々悩みましたが、退職後に、これも1つの転機だと思い、自分と改めて向き合うことで、今までの〇〇の経験を活かして、〇〇の仕事をしたいと思うようになった。」

このように前向きに話すことで面接官の印象はガラっと変わります。

前向きにポジティブに仕事をしていく意欲が伝わるようにしましょう。

病気やケガを理由にする

病気を理由に退職した場合、それが事実でもそのまま伝えるのはあまり良くありません。
今後もまた、そのような病気になってしまうのではないかと心配してしまいます。

できるだけ他の理由で前向きなものを考えてください。
ポジティブな理由が1番良いです。

病気やケガのことはできるだけ言わないほうが良いですが、どうしても話す場合、もう完治して健康であることを伝えましょう。

もし、今後の仕事に影響の出るような病気やケガであれば伝えておく必要はあります。
会社を休んで通院しなければならないのであれば、その旨伝えておきましょう。

その際、業務に支障のないようにすることも伝えましょう。

転職面接での自己紹介はなにを話せばいいのか?良い例と悪い例

面接での自己紹介

転職の面接では必ずといっていいほど、自己紹介や自己PRをすることを求められます。

それは、面接官は自己紹介から、あなたがどのようなポジションでどのように活躍してくれる人材なのかをチェックするために行っています。

自己紹介は、どのように答えるのが正解なのでしょうか。

面接での自己紹介は1分前後にまとめて話すのがちょうど良く、それ以上ダラダラと話すのは、あまり良い印象とはなりません。

自分のことを全て知ってもらう必要はなく、仕事に関することで簡潔に要点を絞ってスピーチしましょう。

続きを読む

短期間での転職回数が多いと転職が不利になる?面接で突っ込まれたらどう答えるべき? 

転職回数が多い

転職回数が多いと面接でそのことを突っ込まれることがあります。

やっぱり、転職回数が多いと採用の評価も悪くなるのでしょうか。

1つの仕事が長続きしない人だと思われないか、採用してもまた辞めてしまうと思われないか、いろいろと心配になります。

もちろん、企業としては、出来る限り長く勤めてくれて、自社に良い影響を及ぼしてくれる人材を探しています。
企業側は、すぐに辞めてしまいそうな人を積極的に採用しようとは考えません。

転職回数が多い場合、転職の採否に影響がでるかどうか、もし面接で突っ込まれたらどう答えればいいのか、気になる点を解説していきたいと思います。

続きを読む

派遣から正社員への転職面接でよく聞かれることと言ってはいけないNGワード

派遣面接

今まで派遣社員で働いてきた人が、安定を求めて正社員を目指す場合があります。

正社員は派遣よりも安定して働くことができますが、それなりに責任のある仕事を任されたり、忙しい時は残業でカバーしなければならなかったり会社の事業のために多岐にわたって業務を遂行しなければならないなど、様々な点で大変なことが多くなります。

派遣は与えられた仕事だけをこなしていれば良いですが、正社員は自ら考え、必要な行動を起こして積極的に会社の事業に貢献できるよう働かなければなりません。

ですが、仕事が大変な分、給与は良く、賞与も多くもらうことができます。

では、派遣から正社員を目指す場合の面接では、どのようなことに気を付けたら良いのか、どのような質問に注意したら良いのでしょう。

この記事では、これらについて解説していきたいと思います。

続きを読む

派遣社員から正社員希望の職務経歴書の書き方|採用担当者はどこを見ているか?

派遣社員から正社員

現在、転職をする際に必須なのが職務経歴書です。

職務経歴書は採用に欠かせないものとなっていて、書き方もとても重要です。

職務経歴書には決められたフォーマットはありません。
職歴から自己PRまで様々なものを取り入れながら自己アピールができる書類です。

職務経歴書の作り方は、自分の現在までの働き方によって変わってきます。
例えば正社員から正社員へ転職する場合と、派遣社員から正社員を希望する場合の職務経歴書では書き方や注意点などが変わります。

通常の転職(正社員 → 正社員)とは違い、派遣社員から正社員を目指す場合、どのような職務経歴書を作成すればよいのでしょうか。

続きを読む

第二新卒の上手な職務経歴書の書き方|4つの失敗から学ぶ転職ガイド

第二新卒

現在、転職には第二新卒という枠があります。

第二新卒とは、高校や大学を卒業後、一度就職したものの短期間(2年前後)で転職を考える、または転職をすることです。
この第二新卒が年々増加しています。

この原因の1つとして、新卒者の求人数が少なくなっていることや就職活動期間が短期になっていることなどが挙げられ、最終的に就活で自分の希望する企業や職種に就くことができないために、転職を考えてしまうようです。

ただ、この第二新卒の増加に伴い、企業側の第二新卒の採用ニーズも増えています。

むしろ、この第二新卒を積極的に採用しようとする企業も多くあるようです。
それは、ポテンシャル採用を考える企業が多いからです。

中途採用の場合、キャリアを求める場合もありますが、第二新卒は社会経験が浅いことで柔軟性に優れていたり、企業風土にも染まりやすく、教育すれば新たな能力を発揮し、大きな成長を期待できます。

また、一度企業に就職していることで社会人としての経験があり、一般常識的なビジネススキルはあるでしょうし、企業側としては新卒を採用するよりも良さを感じるようです。
これがポテンシャル採用です。

さて、この第二新卒者が転職をする時、職務経歴書はどのようなことに気を付けて書けば良いのでしょうか。
上手な職務経歴書の書き方を教えます。

続きを読む

職務経歴書の正しい書き方|転職活動初心者向け講座

女性 パソコン

現在、転職活動で必須なのが職務経歴書です。
転職が初めての方にとっては”職務経歴書って何?”と思うかもしれません。

例えば、商品のプレゼンをする営業マンにとって、プレゼン資料はとても重要になります。
取引先の企業にどのように商品の良さを説明したら、気に入ってもらうことができるのか。

それと同じように、自分を売り込むためのツールが職務経歴書です。

職務経歴書は、自分という人間の職歴やスキル、能力などをに記入して、アピールするための道具と捉えてください。

うまく企業側に目を止めてもらうことができれば、採用してもらえるチャンスが広がります。

そこで、「是非うちに来てほしい」と思ってもらえたら勝ちです。

職務経歴書は履歴書と違って、決まったフォーマットはありません。

自由に自分をアピールできるものでもあります。
せっかくなら人と違う、目を引く職務経歴書を作ってみましょう。

では、どのように職務経歴書を書けば良いのでしょうか。
職務経歴書の上手な書き方を解説していきます。

続きを読む

履歴書の書き方|転職活動初心者向け講座

履歴書

就職活動をする上で、まずは書類選考を通過しなければなりません。そのためには『履歴書』を最高のものに仕上げる必要があります。

履歴書は就職活動の顔ともいえる物です。

この履歴書の書き方次第で一次選考の合否が決まるため、二次の面接に進むために、履歴書はとても重要となります。

第一志望の企業の選考に通るための履歴書の書き方をお教えしたいと思います。

続きを読む

職業訓練を受講して転職するときの手続きや給付金について

職業訓練について

私は、新卒で就職した企業に3年半ほど勤めたのですが、先日退職して、新しい職場へ転職をしました。

転職自体初めての経験だったのですが、その時、はじめて職業訓練の制度を利用しました。

職業訓練のことを知ったのは、まだ前職に勤務している時のことで、仲の良かったパートさんに辞めることを相談したとき、職業訓練を勧めてもらいました。

「まだ若いんだから、職業訓練でも受けて新しい仕事にチャレンジしてみたら?」

その人は、そう言ってくれました。

私はその時、まだ職業訓練というものを知らず「何、それ?」という感じだったんですが、調べてみると就職に必要な知識やスキルを無料で習得することのできる公的な制度ということが分かりました。

職業訓練は、失業者、求職者向けの訓練で、職種によっていろんな講座が用意されています。

私の目指す事務の講座もあったので、今後の仕事に役立ちそうだと思いチャレンジすることにしました。

今回は、これから職業訓練の受講を考えている方のために、その時の経験や利用してみた感想、手続きの流れや、気になる給付金についてなどを詳しく解説していきたいと思います。

続きを読む

うつ病でも転職はできる?4つの選択肢

うつで転職

仕事の忙しさから労働時間が基準を超えたり、上司からのパワハラなどによってうつ病になってしまう人が増えています。

そのせいで、クビを宣告をされたり退職を余儀なくされる人もいます。

仕事の影響でうつ病と診断された人の多くは、職場に何らかのブラックな部分があることが見受けられます。

うつ病になったらどうすれないいのか、会社を辞めたとしてまた働くことができるのか、転職活動はどうすればいいか、相談できる機関やサービスはあるか、など、うつ病についての疑問や悩みについて解説していきたいと思います。

続きを読む